アート イン パラダイス 美術館

アート イン パラダイス art in paradise

 
パタヤの新たな観光名所となりつつある「アート・イン・パラダイス」である。

場所はセカンドロード・ソイ1、北の「Big-C」を北上してファrミリーマートを右折すると、左手に見えてくる。トリックアートの美術館である。

この近辺は2012年辺りから、一気に開発が進んでいてアジア系観光客の誘致に力を入れている。その為、大型バスが相当数群がっている。

近辺にはアジア人団体観光客向けのブンブンショー系の店も出来てきて、団体旅行客の多さに驚くかもしれない。 ここ「アート・イン・パラダイス」は女の子とのデートにおススメである。

パタヤの中心街にあるため、他の観光スポットよりも行くのが非常に楽である。それに、タイ人女性は写真がとても好きな子が多いため、とても楽しい時間を過ごすことができるであろう。 料金は外国人が500Bで、タイ人が150Bである。視覚を利用した、トリックアートをバックに写真撮影も出来るので、決して高くはないと思う。

一つ難点は、何度も行って楽しい場所でもないので、まだ行ったことのない女の子を見つけたら、躊躇せずに誘ってみよう。初めて行く子はテンション高く喜んでくれるだろう。

 

 

12/22更新!管理人のJF無料パタヤのホテル!動画つき詳細レビュー

 

アート イン パラダイスの写真

 


パタヤ ナイトライフパタヤ ナイトライフ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

アップロードはJPEGファイルだけです。

1 件の口コミがあります

  • [管理人 2013/04/20]
    2013年の1月、ノースパタヤパタヤのトリックアートの美術館「アート イン パラダイス」の状況である。

    少し店舗紹介と被ってしまうが・・・ 今回初訪問となった「アート イン パラダイス」であるが、仲の良い女の子に連れられて行ってきた。

    この辺りは、最近一段と発展してきて、アジア人の大型観光バスでバイクすら通りにくい状態だった。 料金を払うときに、女の子がお金を渡したのだが、私がタイ語で話していたので受付の人がタイ人二人分の300Bと言っていたが、すぐに気がつき650B払わされた 笑

    一緒に行った女の子も、初めての訪問との事で終始テンションは高く、さまざまなポーズで写真を撮影し大満足をしていた。店の外はアジア人観光客で溢れていたが、店内は思った以上に人が少なかった。 私の個人的な感想ではあるが、デートスポットとしてはおススメである。

    ひとりで行こうとは全く思わないが。写真好きの子であれば、結構ワイワイと楽しめるのではないだろうか。 それに、立地的にもソンテウやバイタクで簡単に行けるのも高評価である。注意点としては、数回訪れてる子とは行かないほうがいい。私も感じたが、何度も行きたいとは思わなかった。

    デートするなら、相方が喜んで笑っていてくれなければ、どこに行っても面白くもなんともない。行ったことがある女の子なら、すでに沢山の写真を保有してるので、テンションも上がらなくて当たり前だからだ。

  • \ SNSでシェアしよう! /


    地域で選ぶパタヤのホテル情報

    パタヤ ゴーゴーバー パタヤ 夜遊び パタヤ 夜遊び パタヤ ナイトライフ パタヤ ナイトライフ パタヤJF無料ホテル