マンダリン ゴーゴーバー

マンダリン ウォーキングストリートWALKING STREET MANDARIN

2012年10月にオープンした、シャークグループの「マンダリン」。場所はウォーキングストリートを北から入り、左手Soi14の角にある。

斜め向かいには、同じシャークグループの「ライトハウス」があり、ハッピーグループに負けぬように、一気に固めてきた。 店内は小さいわけでもなく、いたって普通の大きさである。

中央にメインステージがあり、それを囲むように、座席が配置されている。

あまり特色あるゴーゴーバーではないが、店内スタッフ等ある程度教育が行き届いている感じを受ける。一流店にはなれないだろうが、優良店にはなれるであろう。

12/22更新!管理人のJF無料パタヤのホテル!動画つき詳細レビュー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

アップロードはJPEGファイルだけです。

22 件の口コミがあります

  • [マネーさん 2012/11/14]
    11月5日~9日まで3泊5日の弾丸パタヤ、バンコクの旅の個人的感想です。
    私は好きです。GOGO ガ-ルよりコヨ-テメイン?スタイルも良くかなり得点高い。

  • [管理人 2012/11/22]
    2012年10末から11月初めの、パタヤのゴーゴーバー「マンダリン」の情報です。 初め0時ごろに訪れた時は、座る席も無いほどの客入りだったので入店しなかった。

    新しいゴーゴーバーだけに、出だしは良い感じのようである。 日を改めて早めに入店したが、新規店のわりに特に特徴の無い普通のゴーゴーバーだったので、少しガッカリさせられた。

    ダンサーのレベル等も、この時は特質すべき子はいなかった。 前日の満員御礼状態も見ているので、過度の期待感がより裏切られ感になったのであろう。別に悪いゴーゴーバーとは思わないが、このときの印象は「悪い意味での普通」であった。

    しかし、会計時に2百数十バーツだったのであるが、300B渡したはずが、400B渡していたようで、おつり時に百数十バーツを持ってきてくれた。

    この時は変に嬉しかった 笑 間違った自分が悪いのに、ちゃんとお釣りとして持ってきて「多かった」とウエイトレスに言われたのだ!全く気づいていなかったのに!もう一度来ようという気にさせてくれた彼女に、その100Bをあげて退席した。

  • [管理人 2013/02/23]
    2013年の1月のパタヤのウォーキングストリートのゴーゴーバー「マンダリン」の状況である。

    平日2時を回って、前の「ライトハウス」の後に入店した。見渡す限り連れ出したいと思うような子は皆無といったところ。

    この時間だから仕方ない。そこにママが来て話していると、可愛い子は皆すでにPBされていったとのことである。 冗談で「本当?」と聞くと、本当だと入り口近くのホワイトボードを指差した。

    どの店でもあるが、PB済みの子の番号が書かれている。 数は数えていないが、ママいわく「半数はPBされている」との事である。この時間でも客は7割程度入っていたので、オープンから3ヶ月は順調の滑り出しのようである。今後も楽しみな店だ。

  • [タルン1号さん 2013/04/02]
    3月17日から22日パタヤの55情報 マンダリン

    客も多くていい感じ。
    コヨーテもゴーゴーガールも楽しそう。
    店内盛り上がりがいい感じ。

  • [管理人 2013/05/23]
    2013年の4月のパタヤのウォーキングストリートのゴーゴーバー「マンダリン」の状況であるが、ソンクラーン期間ということもありパタヤ全体的に客、ゴーゴーガール共に少ない状態であった。

    平日の22時ごろに訪問。シャークグループ全体でいえるのだが、今回はレベルが低下していた気がする。

    この時期だから仕方ないが、他店よりも低下幅が大きかった。 今回「マンダリン」ではコヨーテが在籍していなかった?ような・・・

    系列の「ライトハウス」もコヨーテの質が落ちていたので、派遣コヨーテのレベルの維持が困難になっているのかもしれない。 大型店「センセーション」のコヨーテ集めの影響は大きいのだろう。しかしその分、パタヤのゴーゴーバーらしく全裸の子が増えるのは、好きな人には良いことかもしれないが。

    他店から移籍してきたばかりの日本人好みの子は、「ハッピー」か「バカラ」に行くといっていた。コヨーテもゴーゴーガールも、囲い込んでおくのも大変な苦労が必要そうである。今の状態なら、わざわざ寄る店ではないかもしれない。

  • [junjunさん 2013/07/23]
    7月にパタヤ3泊、バンコク2泊で行ってきました。

    ■マンダリン
    入店したらコヨーティー風の可愛い娘が隣に座ってくれた。
    ダンサー、ウエイトレスのドリンク攻撃が波状的に襲ってくるが、
    徹底して隣の娘だけに奢る。
    PBしなかったが、可愛かったので翌日も行くつもりが、行けなくなったのが残念。
    ママさんの娘と言ってたけど本当かな。

  • [管理人 2013/07/27]
    2013年7月のパタヤのウォーキングストリートのゴーゴーバー「Mandarin マンダリン」の状況です。

    客入りは上々のマンダリンであったが、今一インパクトのない普通のゴーゴーバーといった印象である。シャークグループ全体に同じことが言えるかもしれない。

    ダンサーのレベルは、中の下のラインナップで、結構年齢層も高そうだ。それにコヨーテも混ざっているはずなのだが、正直どの子がコヨーテかすらも分からない容姿にダンスだった。

    呼び込みの子が一番可愛かったかも。 特徴がないが、その分ガツガツしてる子も少なく、長期滞在の人は休憩がてらよるには良いかもしれない。短期の人がワザワザ訪れるほどではないだろう。

  • [管理人 2013/10/02]
    2013年の8月末から9月前半、パタヤのウォーキングストリートのゴーゴーバー「Mandarin マンダリン」の状況である。

    数回訪問したが、以前よりも良くなっている印象を受けた。シャークグループ特有の呼び込み嬢もレベルの高い子がいて、ゴーゴーガールやコヨーテの平均レベルも上がっていた。

    巻き髪金髪系はいなかったが、日本人が好きそうな整った顔の子が数人いた。毎回30名くらいのダンサーと7、8割くらいの客入りで、思った以上に店内に熱気がありいい感じである。

    ダンサーたちのテンションも高いので、ニコニコとドリンク攻撃があるのは、嫌な人には嫌かもしれないが、断っても店内に居づらくなることはないだろう。 相変わらず特別なインパクトは無いが、短期旅行者から常連まで幅広く遊ぶことの出来る中堅店である。徐々にレベルも上がった気もします。

  • [管理人 2014/02/01]
    2013年の10月末から11月前半、パタヤのウォーキングストリートのゴーゴーバー「Mandarin マンダリン」の状況である。

    シャーク系列の全般で言えるが、飛びぬけていないがある程度の位置で安定している。若干コヨーテは採用するものの、ゴーゴーバーという姿勢を貫いている気がする。 ダ

    ンサーレベルも超がつくような子はいないが、ある程度のレベルの子はそれなりの数を確保していている。

    あえて特徴を挙げるとしたら、呼び込みのホステスだろうか。 これは昔から、シャークグループは他店よりも力を入れている。ある程度高い水準の子達が、系列店に分散されて勤務している。

    コヨーテ同様に、ある程度の裁量権を持っているので、痛い目を見た人も、良い思いをした人もいるだろう。 今回のマンダリンも、お馴染みのホステスやダンサーで、目を見張るものはないが、落ち着いて楽しむことが出来た。特別盛り上がっているわけではなかったが、行くところに迷ったら覗いてみて、店内で次の先を考えるのが良いだろう。

  • [Take3さん 2014/02/20]
    情報は1月下旬のものです。
    マンダリン

    嬢のレベルは可もなく不可もなく。
    嬢の数も、ステージ上が埋まる程度には揃っています。
    ひどい状態というわけでもありませんが、PB候補になるようなレベルの子はいませんでした。

    1人、不思議な動きで踊っていた子が印象的でした。
    シャーク系列は店舗数は多いものの、決め手に欠けます。
    嬢のレベルが高いわけでもなく、エロ系の接客を売りにしているわけでもなく、
    ショーに力を入れているわけでもなく、値段が安いわけでもない。

    わざわざ行くというよりは、行く店選びに困った時にとりあえず入ってみる、
    そんな存在になっています。
    ちなみに、今回は行きませんでしたが、系列店「シャーク」の
    PB代、基本800B、金土1000Bはゴーゴー嬢にしては高いと思います。

  • [管理人 2014/04/19]
    2014年の2月、パタヤのウォーキングストリートのゴーゴーバー「Mandarin マンダリン」の状況である。バンコクのデモの影響も少なく、パタヤは通常通りの賑わいであった。

    シャークグループのマンダリンに、平日の23時頃入店した。今までの印象は、それなりのダンサー数に、ダンサーレベル、客入りと、安定はしているが特徴のないゴーゴーバーであった。

    しかし、今回はシャークグループらしく、呼び込みに力が入っていた。場所的に何度も前を通ったが、新たな制服の呼び込み嬢たちのレベルは高かった。日本人好みは何人か見受けられる。 店内は20名位で、ゴーゴーガールとコヨーテが半数ずつである。ゴーゴーガールは全裸もいるので、全裸好きには良いかもしれない。

    ダンサーレベルはパタヤの平均的なところだろう。場所もよく落ち着いて飲め、ドリンク攻撃も強めでないので少し覗いてみて損はないだろう。

  • [ババボボさん 2014/05/08]
    GW中の情報です。 マンダリン
    最近見かけなかったママさんが戻ってきていました。目が大きなタイプな子が多いのですが、照明が暗いからか、ダンサーの子達はみんな黒く見えます。お客さんも少なくて、時期にしては活気がないと思いました。

  • [Take3さん 2014/08/05]
    「マンダリン」6月下旬
    夜10時頃の入店です。
    開店した当初は頭数だけ揃えたというダンサーのレベルでしたが、
    最近は、行くたびに少しずつですが良くなっている感じがします。

    嬢たちも比較的踊る方だと思いますし、
    運が良ければときどきかわいい子もまぎれています。
    今回は、1人の子に目が留まりました。

    容姿、スタイル、ダンス、共にレベルが高いです。
    この時は連れと一緒でしたので呼べませんでしたが、
    自分1人なら呼んでいたと思います。
    次回会えるかどうかはわかりませんが、この店に訪れる楽しみができました。

  • [Furuさん 2015/02/03]
    「マンダリンいいね~~~~!」 場所:マンダリン(パタヤ) 日時:2014/12/10
    マンダリン行って来ました。自分的にはストライクでした(ストライクゾーン広いのかも…。最初の一軒目で、様子見のつもりでしたが結構かわいい子が居て、隣に呼びました。(21:30ぐらいでした) 性格も良くて、2時間程楽しませてもらいました。当然PBしたんですが、ショートのみでロングはダメと言われてしまった(まあ、いいんだけど…) 高いだけの某店舗よりは全然良いと思いました

  • [管理人 2015/10/21]
    三分の一程が連れ出されている「マンダリン」パタヤのゴーゴーバー
    2015年8月後半から9月初めの情報です。パタヤの安定的な中堅ゴーゴーバー「マンダリン」へ平日の23時ごろに訪問した。

    日本人にも一定以上の人気を確保し続けている、シャーク系列のゴーゴーバーである。 店内はいるとステージ上には8名のダンサーが踊っており、その内の1人だけが全裸であった。その他はコヨーテ衣装と言うラインナップだ。

    二回目の交代でも10名ほどがステージに上がり、店内の客は10数名である。 ステージは二交代で、この時間で10名はペーバー済みとなっていた。出勤ダンサーの三分の一程が連れ出されているので、当然飛びぬけたダンサーは残っていない。小箱なので、可愛い子は特に目立つ。なのでペーバーが目的の人は、少し早めにチェックする事をお勧めする。コーラ110B。

  • [Kensanさん 2015/11/28]
    「中田氏しました」 場所:マンダリン 日時:9/4
    ウォーキングストリートのマンダリンで33歳をペイバー。朝まで3000THBとの事。飲み過ぎで一回目は不発。シャワーを浴びてベッドに入ると、手コキをしだして、息子も元気にそして生なのに騎乗位で入ってしまいました。今度は無事発射。ピルを飲んでいるので大丈夫との事。多くのバーレディはピルを飲んでいるとの事。病気は心配してませんでした。三か月したらばHIVの検査を受けます。

  • [ポピタンさん 2016/03/16]
    「640バーツだったよ」場所:パタヤ ウォーキングストリート マンダリン 日時:2015年12月
    一回目の訪問 22時ごろ
    ドラフトビールが80バーツ、レディドリンク140バーツ
    入ってみたら他店は混雑していたのにここは客がそこそこでした
    そこそこな混みぐあいで雰囲気も悪くなかったため2回目の訪問も決意
    しかし、顔で選ぶ店ではないと思いました
    あくまでも立地がよく雰囲気がよさそうな店という評価です
    一旦、会計

    二回目の訪問 2時ごろ
    深夜に来てみる
    客の黒人女性が踊っていたり客のファランが股間をだしたり
    なんかみんないろいろやっていました
    いつものごとく1人でちびちび飲んでいると
    踊っているゴーゴーがわざわざドリンクを一杯奢ってくれという
    いつもなら奢らな いけれど1人で飲むのも飽きたのでok
    すると嬢は友達を呼んでいいか?という
    でました毎度おなじみのこのパターン
    これまた普段なら速攻で断るけれど嬢が「本当はチップを貰うけれどあなただけだからね」
    と衣装を脱ぎ胸を丸出しに
    今考えたら彼女コヨーテだったのかな?衣装がコヨーテぽかったし

    「本当はチップを貰うけれどあなただけだからね」という営業文句を鵜呑みにするわけじゃないけれど
    そこまで言うのならと思って友達を呼ぶ
    友達を呼んだことは後悔しました
    だって彼女何もしてくれない
    終始無表情

    おまけにママが来てドリンクを奢ってくれと頼んでくる
    さすがにこれは拒否しまし た
    何回も頼んできてうざい
    だって相手が断って5回も普通頼む?

    ペイバー代1000バーツ、ショートは2000バーツだそうです
    嬢はこちらが何も頼んでいないのにキスしてきたり股間にタッチしてくれました
    嬢はもうこの時間だからペイバーして欲しくて必死のようです
    今日はごめんねということで会計
    ドラフトビール1杯、レディドリンク4杯合計640バーツでした

  • [ポピタンさん 2016/08/13]
    「再会」場所:パタヤ Mandarin マンダリン 日時:2016年5月
    ドラフトビールが80バーツです
    レディドリンクが140バーツか150バーツか忘れました
    たしか150バーツだったと思います
    嬢のレベルですがバンコクのマンダリンのほうが圧倒的に上です
    顔で選ぶのでしたが「バカラ」かバンコクに行きましょう

    以前と変わりなく、いい意味でも悪い意味でもウォーキングストリートで2軍です
    この店のすごいところはどんなときにいっても客が4人以上(ファラン中心、アジア系ほぼなし)はいることです
    さすがに開店当初はいないでしょうが、5月というオフシーズンの深夜帯になれば
    客が全くいない店もでてきます
    私は他店で経験しました
    しかし、この店はそ ういったことはありませんでした

    かれこれ半年前に会った嬢と再会しました
    私が来店して10分ぐらいしたら向こうが気が付きました
    嬢は「私はあなたのことを覚えているよ、すごいでしょ、あの後、実家に帰って最近復帰したからあなた運がいいね」と言って来ました
    すみません
    私はてっきり別のダンサーがあなたに似ていたため
    勘違いしてそのダンサーにドリンクを奢ろうか考えていた真っ最中でした

    そして嬢に以前、君といた友達はどうしたの?と聞いたら
    嬢「友達?だれそれ?」
    おい、ちょっと待て
    私は頼んでいないのに君が連れてきてレディドリンクを奢るはめになった人物のことだよ
    半年前のこ とを忘れたのか、その友達と何かあったのかわかりませんが、この子大丈夫か?

    しかし、この嬢はちょっと頭のねじがゆるいというか変わっているのですが、悪い人ではありません
    でもテンションがこの店の嬢たちの中でさえ、高いほうなのでついていけないこともしばしば
    ペイバー代1000バーツで、ショート代も以前と変わらず2000バーツ

  • [管理人 2016/09/09]
    ドラム缶全裸「マンダリン」パタヤのゴーゴーバー
    2016年6月から7月の情報です。ウォーキングストリートのゴーゴーバー「マンダリン」へ平日の深夜0時ごろに訪問した。

    今はなくなったが、シャークグループのウォーキングストリートでは平均的な店である。 ステージ上には7名のダンサーが上がっており、コヨーテ衣装とゴーゴーの混在である。

    客は8名と、正直他の系列店の中でも厳しい感じがする。ダンサー数が他の系列店舗より少ないのが原因だろうか、既に多くがペーバー連れ出しされたのだろうか。 しかし、そんな中でも黒髪の日本人好みの幼い嬢がいた。こんな嬢が一人でもいれば、非常に優良店舗に変わってしまうのもゴーゴーバーの面白い所である。

    それに呼び込みウエイトレスにも、一人日本人好みの嬢が居り、日本人客とダンサー達と盛り上がっていた。 二回目のステージは9名のダンサーであったが、ドラム缶系の丸い嬢が2人混ざっており、その2人だけが全裸だったのがとても印象的である。ドリンク攻撃も弱いので、のんびりと楽しく滞在できた。

  • [管理人 2017/02/20]
    楽しそうな雰囲気「マンダリン」パタヤのゴーゴーバー
    2016年11月の情報です。パタヤウォーキングストリートのゴーゴーバー「マンダリン」へ週末の深夜1時ごろに訪問した。

    シャーク系列のゴーゴーバーである。 店内入ると、ステージ上にはコヨーテ衣装のダンサーが8名踊っていた。遅い時間なのでそれなりの数がペーバーされているようである。

    客入りは結構良く、ソファー席は一通り埋まっている状態で、詰めてもらって何とか座ることが出来た。 一軍レベルのダンサーは残っていなかったが、それなりに可愛いレベルの嬢は数名残っていたので、この時間から閉店までマッタリ遊ぶ事もできただろう。それに、店内にいる客のほとんどが、嬢を付けており楽しそうな雰囲気が居心地が良い。

    遅い時間ということもあるが、置屋系にはない雰囲気で、ゴーゴーバーらしく遊ぶのには良い雰囲気とちょうど良いレベルのダンサーも居た。短期旅行者がわざわざ訪問するレベルではないが、少し時間に余裕があれば、ショートの後にでも訪問すると面白そうである。

    客一杯で無駄にガヤガヤ盛り上がっているのではなく、マッタリと仲良くなった嬢やスタッフと過ごす時間はパタヤの楽しみ方のひとつだと思う。

  • [トマトンさん 2017/02/25]
    「パタヤのマンダリン」場所:パタヤウォーキングストリートのマンダリン 日時:2016.12.15PM9
    パタヤのグランドホテルに泊ったので、ウォーキングストリートので25メートルその右側角にあるのがマンダリン マンダリンに午後九時ごろのぞいてみると全裸ダンサーが6・7人その中にはきだめの鶴のような娘が一人踊っている。えっこんな子が全裸とわが目を疑って眺めていると視線がばっちり相いだした。これは入店そうそういい子をペイバーできると喜んでいると、ステージの向かい側に中国人らしき夫婦できていた夫のほうが手招きし彼女を夫婦の間に座らせた。こんな所へ夫婦でくるとはどぅなってんの。また呼ばれたいい子はどうなんのとおもいながら店を後にした。

  • [ポピタンさん 2017/02/25]
    「営業に来た嬢に、ドリンクを奢らなかったらマジキレされる」場所:パタヤ Mandarin マンダリン 日時:2017年1月
    この店の投稿を2回させていただき、今回で3回目の常連でしたが、最低、数年は行く気が無くなる出来事がありました。ことの始まりは、マンダリンの閉店時間が午前4時だと聞いたので、以前と同じ午前2時に来店してからです。ハイシーズンのためか、マンダリンとは思えないほど混雑していました。前回から約7か月ぶりですが、嬢はおろかマネージャーすら、ほとんど変わっていて悲しかったです。

    ドラフトビールが80バーツで、それを注文したら、お札を首にぶら下げたA嬢がやってきました。本日は彼女の誕生日なので、チップかレディドリンクをくれとのこと。去年、他店でもよくそういうことをしているのは見ていたため、自分にまで請求しにきたのは初めてでした が、習慣は理解していました。支払いを拒否できないこともないけれど、せっかくの誕生日だからということでチップを進呈。財布を確認したら、100バーツがなく、1000バーツか50バーツかの2択。A嬢は「1000バーツでもいいよ」と冗談そうにいうが、さすがに初対面の相手に1000バーツはないだろ、ということで50バーツを渡す。渡したら。「ありがとう」とキスをして、次のカモを探す嬢。あれだけ喜ばれると、悪い気はしませんでした。

    それから数分経過して、日本人好みの色白肌のB嬢を発見しました。
    日本人好みではありますが、去年のX嬢のほうが魅力的なためスルーを決め込んでいると、彼女はダンスが終わったら、友達C嬢を連れて営業にやってきました。このときにすでに、ドリン クは奢らいことは通達しています。私がタイ語を話してみたら、「日本語が話せるから日本語でお願い」と日本語で要望されました。彼女は、以前は、日本カラオケ店で勤務していたが、3か月前にこちらに転職したらしいです。

    たしかに、パタヤのタイ人にしては日本語はできますが、バンコクのタニヤ通りや旧ナタリーと比較したら雲泥の差で、店内がうるさいこともありますが、片言の日本語なので内容を理解するだけでも一苦労。要約すると「私たち友達、私(嬢Bのこと)の年は30歳だけど問題ない、ドリンク1杯奢ってほしい」。もうね、奢らいことは何回も最初に言ったよね?X嬢は店を辞めたと思うけれど、万が一、まだ勤務していて他の嬢と仲良くしていると勘違いされたら、後々面 倒だから、さっさと帰ってくれないかなとイライラし始める。日本人好みの顔でも、私の好みとは違うから。そういう変わった性癖の持ち主じゃないと、レインボーやハッピー、バカラではなく、この店に来るわけないよ。

    とうとう痺れを切らし、日本語が話せないC嬢が、B嬢にドリンクを奢れと言い始めるが拒否。
    ついにキれたC嬢がすごい形相の顔をして私に向かって、親指単体を上から下にする「地獄に落ちろ」サインをしてきました。本当にこのときはびっくりしました。嬢を呼んだわけでもなく、体を触れたわけでもないのに、勝手に隣にきて、レディドリンクを要求して、こちらが拒否したら、このサイン?今までの日本人客には通用した戦法かもしれないけれど、タイに擦れた 自分には全く意味のないドリンク攻撃だから。B嬢はC嬢をなだめるためか、ようやく席を離れ、私に向かって「大丈夫」。何がどう大丈夫なの?「ドリンクをもらえないことを怒っていない」「C嬢を私がなだめるから」。様々な解釈が可能ですが、すくなくとも、こんなタイ人に舐められた態度をとられた日本人の私は大丈夫じゃないから。この後、B嬢とC嬢は奥の待機室に消えていきました。

    さっさと会計して帰ろうと1000バーツをだしたら、おつりを渡すときに給仕が「チップ」。さきほどの光景を見てないわけないよね?何なのこいつら?チップの要求は無視して全額回収。マネージャーにクレームをいれようかとも思ましたが、去年の人とは変わっているため、下手をするとこちらがまた文 句を言われるかもしれないので帰りました。

  • \ SNSでシェアしよう! /


    地域で選ぶパタヤのホテル情報

    パタヤ ゴーゴーバー パタヤ 夜遊び パタヤ 夜遊び パタヤ ナイトライフ パタヤ ナイトライフ パタヤJF無料ホテル