クライマックス コヨーテバー マッサージパーラー【閉店】

クライマックス サードロード3RD ROAD CLIMAX

【閉店しました】

※2015年、「ザ パーテー(天上人間)」に変更。

パタヤ最高のコヨーテバーとの声も耳にする「クライマックス」であるが、この店は「コヨーテバー」と「マッサージパーラー」とが併設している。

場所はサードロード・ソイ12にある。サードロードを北上して、パタヤノースロードのひとつ手前のソイを、右に曲がると右手に見えてくる。

とても綺麗な建物で、駐車場には高級車が並んでいる。客層がWSなどの観光客ではなく、金持ちタイ人やファランで、パタヤでは珍しい高級コヨーテバーとなっている。

店内はプールや半径ボールの中で、見るからに「コヨーテ」といえるコヨーテが魅惑のダンスをしている。ウォーキングストリートの「なんちゃってコヨーテ」とは違う世界と言えよう。PBも在るにはあるが、聞く時や人により違うが1万Bや2万Bと言う話だ。もちろんブンブンなしの、食事や遊びに行くだけだ。

店内のプールの奥には、マッサージパーラーも併設しているのも特徴のひとつである。価格はタマダー2,000B程度で、サイドラインは4,000B程度言ってくるだろう。その後は、吹き抜けになっている2階部分の部屋で、プレイを堪能することが出来る。

 

 

12/22更新!管理人のJF無料パタヤのホテル!動画つき詳細レビュー

Climax クライマックス コヨーテバー・マッサージパーラーの口コミレポート


[管理人 2015/09/24]

非常に残念「クライマックス」パタヤの高級コヨーテ/MP

2015年8月後半から9月初めの情報です。読者のプラタマナックさんからの情報で「サードロードにある、クライマックスという、MPを、探していた帰りに寄りました。クライマックスは、閉店していました。」との情報を頂いていた。

今回滞在時はパタヤの北バスターミナルは、ノースロードを右折できなくなっていたので、ソンテウが裏道を通ってサードロードに抜けていくルートである。この時に丁度高級クラブ「クライマックス」前を通った。

すると情報通り閉店していた。しかも解体工事か改装工事かで工事業者が作業している。アレだけの設備を解体するのはもったいないので、なんとか改装して次の高級クラブをオープンさせて欲しい。しかし、パタヤは高級店は軒並み閉店している。

※ソンテウ乗車中のため、工事中の写真を撮れなかった。


[管理人 2014/05/17] 2014年の2月、パタヤのサードロードのコヨーテ、マッサージパーラー「Climax クライマックス」の状況である。

バンコクのデモの影響も少なく、パタヤは通常通りの賑わいであった。 前回訪れたときは、コヨーテスペースのプールを改装中で、残念ながらコヨーテを見れなかった。

しかし今回はV2のロゴが加わり、しっかりとコヨーテ達が踊っていた。もちろんMPもオープンしている。

MPの方は10名程度で、レベルは特別高くはないが、みな小奇麗な感じである。今回はコヨーテメインで来たため、じっくりと品定めをしていない。申し訳ない。 コヨーテの方は、以前と余り変わっていないプールステージである。若干半円形の透明ジャグジーの場所が移動した程度だろうか。

コヨーテのレベルは、パタヤトップクラスといえるのも、以前と変わっていない。 数年前であれば、ラスプーチン前のコヨーテクラブや、セントラルロードの69など、高級路線のコヨーテ店が数件あったが、今となればクライマックスくらいしか頭に浮かばない。WSに横行している、

なんちゃってコヨーテや、大衆向けコヨーテとは格が違うのがすぐに分かる。 以前までと一番大きく変わったことは、客層であった。これには本当に驚かされた。数年前まではアジア系の客を見ることが少なかったが、今回はファランを見かけなかったのだ!全ての客がアジア系の客であった。

しかも、団体旅行客のような感じで、20名くらいの団体アジア人グループまでいたのである。金持ちタイ人と、ロシア人が多かったのに凄い変化である。今後どのように変化していくのかわからないが、個人的には前の方が店内の雰囲気が良かった気がする。


[管理人 2013/07/12] 2013年4月のノースパタヤのMP(マッサージパーラー)/高級コヨーテ「クライマックス」の状況である。

ソンクラーン期間のため、若干MP嬢は少なめだっただろう。 今回の「クライマックス」訪問だが、コヨーテ目的で数年ぶりの訪問であった。近くに他の夜遊びスポットがないので足が遠のいていた。

それにレベルは間違いなくパタヤトップレベルだろうが、お値段もお高いですから。 もちろん安く遊ぶ気なら、自分のドリンクだけで滞在はできるが、それじゃ楽しくないですしね。

久しぶりに重い腰を上げて、向かったのですが・・・ コヨーテスペースは改修中?ソンクラーン休暇?のため5月21日まで休業中とのこと 笑。そのため、コヨーテは全くゼロでプールの水すら抜かれている状態でした!でも、マッサージパーラーは開いてたんですが、気分がコヨーテだったのであまり見てないです 笑。

マッサージパーラーの値段は タマダー2,000B サイドライン4,000B と言ってましたが、完全言い値なので交渉してください。思ったより安いですね。あまり見てないですが、レベルが高そうな子が多かった気がします。

友達のコヨーテが働いていた時期があって、コヨーテの給料は1,500B/日で金持ちが多いので、普通に1,000B札のチップをもらうことが多いと言っていた。レベルが高い子が集まるのも納得の収入があるんですね。 パタヤで「なんちゃってコヨーテ」が増えたけど、本物のコヨーテに会える場所が少なくなってきてます。

昔あったパタヤドラゴンの「Barzia」も閉店して、女性用のホストクラブみたいになってますし。 また顔や体に生クリームつけて遊びたかったです。お金取られるけど 笑。


読者口コミ情報場集中
情報提供は⇒こちらから


地域で選ぶパタヤのホテル情報

パタヤ ゴーゴーバー パタヤ 夜遊び パタヤ 夜遊び パタヤ ナイトライフ パタヤ ナイトライフ パタヤJF無料ホテル