パッション ジェントルマンラウンジ

パッション パタヤのジェントルマンラウンジPATTAYA GENTLEMAN LOUNGE PASSION

このパタヤのジェントルマンズラウンジ「パッション」は、ジョムティエンに位置しており、数多いジェントルマンズラウンジの中でも2015年オープンと新しい。

場所は、セカンドロードとサウスロードの交差点に待機しているソンテウからも来る事ができる。丁度「ウィアーNo1」方面に曲がる所で降りて、逆方向に進んでいく。

交差点には「Pacific Jomteiin」の看板と共に、金色の人魚像があるので分かりやすい。舗装されていない道を進んでいくと、ドン詰まりにコンドがあり、そこに小さな「Passion⇒」の看板がある。

そこを右に曲がって奥まで行くと右手にある館がそうである。館への門を潜ると、プールがあり奥に入り口がある。店内は中央カウンターがあり、象の像が印象的である。カウンター前に大きなテーブルがあり、右奥にはソファー席もある。

店舗自体新しいので、キレイで清潔感があり、注目のジェントルマンズラウンジである。

 

 

12/22更新!管理人のJF無料パタヤのホテル!動画つき詳細レビュー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

アップロードはJPEGファイルだけです。

4 件の口コミがあります

  • 【ポピタン 2017/02】

    ジョムティエンから歩いてきましたが、昼間でも野犬の出現ポイントが山ほどありそうで、非常に怖かったです。しかし、去年までの反省からケチになった私は、意地でもバイタクを使わない主義。午後3時ごろに訪問。コーラが60バーツ。客はファランが多数。初めてジェントルマンラウンジに来たため、勝手がよくわからなかったが、冷房が効く室内バービアでした。とにかく暗くて、嬢の顔すらまともに確認できない。営業に1人来ましたが、他は来ませんでした。この嬢曰く、LKメトロあたりから、バイタクを使い通勤しているそうです。片道50バーツの時もあれば、60バーツ、70バーツと値段も変化するとのこと。タイ人でこれだと、日本人は100バーツくらい?

     基本 、店は客を放置プレイです。かといって、何かおもしろいことがあるわけでもなく、拍子抜け。プールがあるから、てっきり裸で泳ぐのかと思ったら、嬢たちは服を着てプールサイドでスマホをいじり誰も泳がない・・。ここまでファラン客多数の上に知らない土地だと、ますますアウェイを感じざるをえない。

  • [管理人 2017/02/10]
    昼間も時間を有効活用「パッション」パタヤのジェントルマンクラブ
    2016年11月の情報です。パタヤジョムティエンのジェントルマンクラブ「パッション」へ平日の18時半ごろに訪問した。

    2015年オープンと、ジェントルマンズクラブの中でも新目の案外アクセスの良いジェントルマンズクラブである。 店内の嬢は15名ほどで、この時はプールには誰も居らず全員店内に待機していた。

    客は8名ほどで、ひっそりと盛り上がっている。嬢のレベルは1人か2人選べるレベルといったところであるが、この手の店では平均的なレベルと言える。 場所自体は住宅地の非常に奥になるので分かり辛いが、パタヤ中心部からはソンテウ一本と少しの徒歩で訪問できるので、案外アクセスは悪くない。

    しかし帰りの暗くなった時間は、通りに出るまで野犬などもいるので少し注意が必要と言える。 ジェントルマンクラブを始めてまわるなら、「ジェイド」「パッション」「キットキャット」「キンナリー」とまわれば、初めの三軒はソンテウで楽に回れてお勧めである。それにバイタクに場所を説明するのも、キンナリーが有名なので楽に通じるからである。

    昼間に時間を持て余したときは、是非とも一度まわってみて欲しい。これは時間に余裕のある長期滞在者よりも、昼間も貴重な時間な短期旅行者の方によりおすすめである。慣れるまで抵抗があるかもしれないが、慣れると時間を非常に有効に活用できるのでおすすめである。

  • [cutさん 2016/07/22]
    「新店」場所:パッション 日時:2016/02
    平日と日曜日の2度行きましたが、日曜はファランで一杯でした女の子はキンナリーより少し落ちるかも?
    時がたてばよくなる可能性もあり。

  • [管理人 2016/04/02]
    新たな新店舗!「パッション」パタヤのジェントルマンラウンジ
    2016年2月中旬から3月初めの情報です。パタヤの新しいジェントルマンラウンジ「パッション」へ平日の18時半頃に訪問した。

    キンナリー前のバイタクと話していると、新しいジェントルマンが出来たとの情報で、そのまま連れて行ってもらった。 場所的には悪くない場所であるが、ソイを入ってから思った以上に距離があり、初めて来る人は少し苦労しそうである。

    高目の白い塀に囲まれた、まさに館と言える感じで、小さな門を潜るとプールがある。そこには6名ほどの嬢が寛いでいた。 店内は20名程の客が入っており、出来て間もないこともありキレイな店内であった。席につくと数名の嬢が珍しい日本人客に営業に回ってくる。

    少し話したが、ペーバーというか部屋代が300Bで、嬢には1,000Bから1,500Bがショートの値段だという。 1,000Bであれば、明るいうちから沈没できるので、短い旅行時間も満喫するのに良いだろう。しかし、今回訪問時に確認できたのは、選べるレベルの嬢が1人か2人程だったので、過度の期待は禁物である。あくまで選べるレベルである。

  • \ SNSでシェアしよう! /


    地域で選ぶパタヤのホテル情報

    パタヤ ゴーゴーバー パタヤ 夜遊び パタヤ 夜遊び パタヤ ナイトライフ パタヤ ナイトライフ パタヤJF無料ホテル