インソムニア ディスコ

インソムニア パタヤ ディスコINSOMNIA PATTAYA DISCO

場所はWSの奥の方にあり、バンコクにも姉妹店がオープンをしている。比較的新しいディスコで一階は「i Bar」といって、オープンバーのようになっている。

奥の方にビリヤード台などもあり、比較的明るく昔は結構コヨーテの数も居たので、このサイトでは「クラブ」に入るかもしれない。

一階はボディーチェックもなく、タイ人男性も入場する事ができダンスよりもお酒を楽しむ所になっている。なので比較的早い時間から、お客も入ってきて賑わいを見せている。

一方、二階はダンスホールになっていて小さなステージが数個用意されている。深夜の3時頃まではコヨーテが踊っているが、現在のレベルは以前に比べると格段に落ちてきているのが悲しい。

それには、給料の安さが原因のようだ!一日500Bの基本給では、さすがに厳しく可愛いコヨーテはどんどん離れていっている。 曲調はトランス、テクノメインで箱はWSなので、郊外にある「ハリウッド」などと比べると小さいのは仕方が無い。 しかし、客の入り具合はハンパない!

一階に関しては、12時ごろになれば一杯で、それから徐々に2階に上がって行き、2時ごろには2階も移動できないほどに一杯になる。 客層は、ファランが中心で女性はGOGOガールなどの、夜の仕事の女の子が休みの日や仕事上がりに良く利用している。

中にはプロの女の子も混ざっている。テーメーのように、隅っこで踊らずにニコッとしながら立っているのはプロだ。 それに、バンコクなどから一泊旅行で訪れる女の子なども結構いる。もちろん素人も沢山いるぞ。 一階二階共に入場料は必要もなく、席に着かなければウエイターもあまり寄ってこないので、チェックしに一回りして可愛い子が居なければそのまま出ても問題はないのは嬉しい事だ。

客が多いのは難点だが、人気店だけに女の子の数も多く新たな出会いを期待できる場所になっている。 一番の驚きはAM8:00頃まで営業してる日が多いのだ!もちろん、客の入り具合やポリスの状況にもよるが。 さすがは「不眠症」である。

 

 

12/22更新!管理人のJF無料パタヤのホテル!動画つき詳細レビュー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

アップロードはJPEGファイルだけです。

11 件の口コミがあります

  • 【チャペルさん 2017/02】

    1時頃入店

    相変わらず激コミです(笑)
    一階も二階も満タンですが、各テーブルを見ると女の子だけで
    飲んでいるのをみかけます
    おそらくナンパ待ち、客待ちなんでしょうがテーブルに
    ドカンとボトルが置いてあるのを見ると 違うのかなぁ
    と思ったり判断が難しいですね(笑)

    一階のトイレ付近や二階の階段を上がった少し先の壁際には
    1人でポツンとしてる子が多いので狙い目かもしれませんね

    皆さんの健闘を祈る

  • [管理人 2016/03/01]
    立ちんぼゾーン「インソムニア」パタヤのディスコ
    2015年11月の情報です。ウォーキングストリートにある日本人にも大人気のディスコ「インソムニア」へ平日の深夜2時ごろに訪問した。

    日本人向けの子の割合は少なくなるが、ファランで身動き取れないほど人気のディスコである。 基本的には男連れの嬢が基本であるが、今回一通りチェックしてみた。

    女の子だけで来ているグループや、フリーで客を探していると思われる子が多く見たのは、一階のトイレ辺りと階段の前辺りである。 二階ではお立ち台の前や、奥の階段から上がってきた辺りにも多く見られた。新しいトイレも新設されていて、深夜の時間帯は非常に盛り上がっている。

    深夜0時まではドリンクが半額なので、初めからナンパ目的なら0時前からスタンバイしておくのも良いだろう。 しかし、この店の一番言い時間帯は、個人的には2時以降だと思う。そのぶんトイレに行くのも大変な人の多さになってしますが。ちなみに、真横にあったゴーゴーバー「ホーティーズ」は、インソムニア系列の「i salon」になっていた。

  • [管理人 2015/12/09]
    日本の友人達ようこそ「インソムニア」パタヤのディスコ
    2015年8月後半から9月初めの情報です。ウォーキングストリートの人気ディスコ「インソムニア」へ平日の0時ごろに訪問した。

    個人的には二階のインソムニアエリアよりも、一階のアイバーの方が落ち着ける。 少し前に表お改装したが、今回は入り口上の電光掲示板も改装されていた。

    ウォーキングストリート沿いの電光掲示板には、日本語で「日本の友人達ようこそ」と出るのは好感が持てる。もちろん、その他のアジアの言語も表示されるのだが 笑。 この店のピークは2時以降なので、まだまだこれから盛り上がっていく所なのだが、入り口側に「インソムニア」のコヨーテが10名近く休憩していた。

    昔はレベルの高い本物系のコヨーテが結構いたのだが、今は昔とは違う。 女性だけのグループも相変わらず結構多いので、男性だけで訪問しても結構楽しめるので、ゴーゴーバーに飽きた人は訪問して損はないだろう。

  • [4号さん 2015/07/15]
    「インソムニア」場所:パタヤ:ウォーキングストリート:ディスコ:インソムニア 日時:2015/5
    00:45
    ディスコのインソムニアに潜入してきました。一階の方はバーになっているようで、ディスコは二階の方となっています。入店前に屈強ガードマンに簡単なボディチェックを受けます。そして入店。フットサルくらいの広さ。人は多い。コヨーテのダンスはセクシーだ。何も持っていないとかっこつかないと思いドリンクを購入。ドリンクを持っていない5人組のインド人グループのハートの強さを見習いたい。コーラゼロは120バーツで、何かのカードがあると飲み物が20パーセント割引らしいです。特に入場料はなし。男性ファランとタイ女性がほとんど。日本人は一人見かけた。ウーハーが肺を揺さぶるので、長時間いると具合が悪くなりそうである。ナンパの敷居は高いか。正直それ目的の女性とそうでない女性の見分けがつかない。ある程度の英語かタイ語のスキルが必要そうだ。彼女とほろ酔い状態で来た方がより楽しめる場所かもしれない。店内も腕が丸太くらいありそうなガードマンがいる。お立ち台では中年のファランのおばさんが一心不乱に腰を降って踊っていました。帰りに入り口のガードマンがニヤニヤして女の子はゲットできなかったのか?みたいなことを
    ?話しかけてきた。苦笑いするしかなかった。

  • [20代jentlemanさん 2015/05/14]
    「パタヤのディスコ」場所:ハリウッド、インソムニア 日時:2014/7
    去年の夏頃パタヤを訪れました。パタヤのディスコですが、ハリウッドは生バンドのライブがありで音楽中にDJの合いの手(タイ語)がしょっちゅう入ります。これが嫌いな人はWSのインソムニアがいいと思います。インソムニアはDJの合いの手が無く、しかも音楽がアップテンポな曲ばかりなので踊りたいときにはぴったりです。
    ちなみにハリウッドにもインソムニアにも売春婦のお姉さま方は居ます。壁際に立ったり座ったり腕くんだりしているのですぐにわかります。
    踊っている女の子の中には素人の子も居るので、ナンパしてみるのもいいかもしれません。

  • [管理人 2015/04/19]
    日本人好みの子もチラホラ「Insomnia インソムニア」パタヤのディスコ
    2015年2月の情報です。個人的に好きなディスコの「インソムニア」に、今回も何度も訪問した。

    この時は旧正月の時期と重なっていたので、店内は赤の旧正月の装飾で、毎晩盛り上がっていた。

    このインソムニアでは日本人に会う事は稀であるが、案外日本人好みの女の子達も訪問してくる。例えば、日本人の彼氏がいる子なども、日本人が多く訪問している「ハリウッド」などは顔を指すので、あえてインソムニアに来たりしているのである。

    ファランメインのインソムニアであるが、1階の「i bar」などは入り口よりに日本人好みの子を見かけることが多い気がする。この店の一番おススメな所は、ノリが良いので気軽に店内で仲良くできるところだろう。 ファラン向けの店なので、英語を話せる子も多いので、気軽にコミュニケーションをとってみてくれ。

    おススメは、ビリヤード台よりも奥の海側であるが、早い時間でないと席を確保できないのが難点と言える。純粋に踊りたい人は、直接二階に上がるのがよいだろう。結構客探しの子も混ざっている。

  • [管理人 2015/01/08]
    ディスコでの札ばら撒き「Insomnia インソムニア」パタヤのディスコ
    2014年11月の情報です。平日の2時半頃にウォーキングストリートのディスコ「インソムニア」に訪問してみた。サイト作成前は、ゴーゴーバーの調査の必要がなく、暇な時間はインソムニアに沈没している事が多かった、個人的に好きなディスコである。 今回訪問時に驚いたのが、3軒隣くらいにオープンしていたレストラン「ニューヨーク」と店内で繋がっていた事である。

    丁度一階「i Bar」のビリヤード台がある辺りだ。深夜でも小腹が空いたら食事が出来るようになっていた。 ホットドックが129B、ハンバーガーが139B、その他にも色々な料理があるようである。この時も店内は大盛り上がりで、2時を回っているのでゴーゴー嬢の姿も多く見られた。一階では衝撃の、ディスコでの20B札バラ撒きまで行なわれている状態だ 笑。

    ゴーゴーバーでよく見かける、1,000B程を全て20Bにして一気に投げていた。これには女の子以外の近くの男性客も反射的に拾うので結構危ないと感じた!二階のディスコフロアも当然客は一杯でトイレに行くのも一苦労である。

    3時前なのでコヨーテも踊っていて、この深夜から朝までが一番盛り上がっているので、ディスコ好きの人やゴーゴーで相手を見つけられなかった人は訪問してみてくれ。オキニを見つけた人は、一階の「i Bar」でマッタリするのも良いだろう。

  • [こーちゃんさん 2014/11/25]
    「インソムニア」場所:インソムニア 日時:2014年10月11日
    友人とそれぞれオネーチャン連れて土曜日の23時頃訪問しました。緑色のレーザー光が飛び交っていて、人も多くて盛り上がっていました。小さなお立ち台にはコヨーテの姿はなく、ファランが陣取って踊っていました。女の子だけで来ているグループも結構いました。かなり酔っていたのでレポートはこんなもんしかできません…

  • [管理人 2014/06/02]
    2014年の2月、ウォーキングストリートのパタヤのディスコ「Insomnia インソムニア」の状況である。バンコクのデモの影響も少なく、パタヤは通常通りの賑わいであった。

    ファランに人気のウォーキングストリートのインソムニアだが、個人的には結構好きなので、毎回パタヤ滞在中に何度か訪れる。

    今回も、遅い時間などは身動きがとれないほどの客入りである。人口密度的には、パタヤ1かもしれない。

    動員客数でいえば大箱のハリウッドなどの方が多いかもしれないが、インソムニアの客入りは本当に凄い。余りにも多いので、私は二階にはあまり上がることがない。一階の「i Bar」が私のお気に入りである。

    日本人には向かないかもしれないが、ファランノリが好きな人や、ディスコ好きにはとてもいい場所だ。少し早めの時間は、一階奥の海沿いのテーブルで、まったりするのも良いだろう。時間が遅くなると、海沿いのテーブルも満席になる。 正直日本人好みの子は少ないが、ナンパ目的にも適している。

    ファラン向けのノリで盛り上がっている子が多い。日本人好みのゴーゴー嬢などは、人も多くファランにすぐに声をかけられるので敬遠してる子も多いが。

  • [管理人 2013/11/21]
    2013年8月末から9月前半のウォーキングストリートのパタヤのディスコ「インソムニア」の状況である。

    別に特別ダンスが好きなわけでもないが、なんだかんだと結構足を運ぶことが多い。一番おすすめの時間帯は、ゴーゴーバーが閉店しだす深夜2時以降である。

    この位の時間帯は客も多くて凄いことになっているが、パタヤに良く来ている人には思わぬ出会いが待っているかもしれない。

    仕事が終わったゴーゴーガールが大量に押し寄せてくるので、パタヤに長くいる人は知り合いに会う確立がとても高い。 ファランにPBされたゴーゴーガールの友達など、余っている女の子が多く結構楽しめるときが多い。正直、日本人好みの子はハリウッドには全く及ばないが、ハリウッドよりも気軽に行けて遊べると思う。

    一番良いのは、ちょっと知ってる程度の女の子のテーブルに後から混ぜてもらうことだ。短期旅行者はダンス好き以外はスルーでいいが、何度もパタヤに来ている人は覗いてみると思わぬ出会いが待っているかもしれない。

  • [管理人 2013/06/27]
    2013年の4月、ウォーキングストリートのパタヤのディスコ「インソムニア」の状況である。

    個人的に一番行くディスコが「インソムニア」である。ツレが一緒のときは、1階奥のテーブル席に座り大音響の中、海を見ながら雑談している。常に混雑しているので、席を確保するのが大変だが。

    個人的なベストタイムは0時頃から深夜2時ごろまでは、一階の「i Bar」で飲んで2時以降、ゴーゴーガール達が仕事が終わる頃に2階に上がるのが好きである。

    今回も数日通ったが、常に満員御礼状態であった。 相変わらず客層はファランがほとんどだが、アジア系の若者も最近はよく目にするようになってきた。店内にいる女の子は、1階はほとんどが普通に遊びに来ているので、大いに盛り上がっている。 二階には俗に言う「たちんぼ」のような、客を探しに来ている子も結構多く居る。

    壁際で音楽に乗るわけでもなく、ボーっと立っている子達である。とはいへ大半は、ファランなどと遊びに来ている子達なので、わざわざ「半プロ」目当てで来るのは効率は悪いだろう。 今回久しぶりに友人とばったり出会った。2年振り位だろうか、昔は某ゴーゴーバーに勤務していたゴーゴーガールである。

    少し話をすると「今はゴーゴーバーでは働いていない」「店に行くのが面倒」「ココは自由に出勤できるでしょ」といっていた! 確かに、そこそこの容姿なので問題はないだろ。彼女にしたら「バンコクのテーメー」のような感覚なのかもしれない。彼氏がいるような事も言っていたので、基本給は確保しているのかもしれない 笑。

    この店で、朝の7時や8時頃まで遊んでいると、外に出たときの感覚がなんとも言えない。日は昇っていて、疲れが一気に襲ってくる。しかし、嫌いではない瞬間である。 そう言えば以前までは無かったが、1階でもボディーチェックをするようになっていた。


  • 地域で選ぶパタヤのホテル情報

    パタヤ ゴーゴーバー パタヤ 夜遊び パタヤ 夜遊び パタヤ ナイトライフ パタヤ ナイトライフ パタヤJF無料ホテル