テパシットの置屋 ジョムティエンの置屋街

テパシットの置屋 ジョムティエンの置屋街THEP PRASIT

この通称「テパシットの置屋」は、パタヤの南ジョムティエンに位置している。北の「エッソ裏」と同じように、基本的にはタイ人向けである。

この辺りの置屋位が、普通の外国人旅行者が訪れられるギリギリのローカル置屋と言えるのではないだろうか。

場所は、セカンドロードを南下して、丘を越えて空港行きのバス停を左折する。ここがテパシット通りになっていて、テパシットの Soi 8 セブンイレブンを左折した辺りだ。

外国人向けの置屋通りの Soi 6 程の規模は無いが、エッソ裏などよりも女の子が元気な雰囲気は Soi 6 に似いているかもしれない。しかし、ローカル置屋なため大半がタイ語の会話になるだろう。

大半の旅行者が行っても楽しめない可能性が高いが、タイ語が話せてウォーキングストリート系の観光夜遊びに飽きてきた人は、安く楽しめるだろう。Soi 6 などより200~300B程安いと思うが、行き帰りの交通費を考えると、バイクをレンタルしている人に限られるかもしれない。

Soi 6 ノースパタヤの置屋街  ⇒エッソ裏 ナックルアの置屋街

 

12/22更新!管理人のJF無料パタヤのホテル!動画つき詳細レビュー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

アップロードはJPEGファイルだけです。

1 件の口コミがあります

  • [管理人 2014/08/26]
    2014年5月の情報である。この時は突然のクーデターで、戒厳令が発令され夜間外出禁止令まで発令されたため、夜遊びに多大な影響が出ていた。

    昔は車でテパシットに抜ける裏道的にソイ8を利用していたが、今回久しぶりにテパシットの置屋通りを通った。

    平日の19時ごろである。 最近通っていなかったので、ひょっとしたら無くなってる可能性もあるかと思っていたが、しっかりとピンクのネオンを点灯させて営業していた。しかし以前よりも店舗は減少してしまったように感じる。

    タイ人の友人の車でサタヒップの方に行く途中だったので、降りて確認できなかったのが残念である。ゆっくりは走ってもらって車から観察したがが、人通りもなく寂れた感じは否めない状態であった。

  • \ SNSでシェアしよう! /


    地域で選ぶパタヤのホテル情報

    パタヤ ゴーゴーバー パタヤ 夜遊び パタヤ 夜遊び パタヤ ナイトライフ パタヤ ナイトライフ パタヤJF無料ホテル